ドナルドダックの短編映画シリーズ感想【No26~30】

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

短編映画を観て感想を述べるシリーズ。

前回の記事はこちら

ドナルドダックの短編映画シリーズのうち21~25作品目のあらすじと感想。今回ご紹介するのは「ドナルドのモーターボート」「ドナルドの夏休み」「ドナルドの摩天楼」「ドナルドの消防隊長」「ドナルドと山男」の5作品です。

今回はドナルドダックの短編映画、26作目から30作目までです。

牧場

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ドナルドの短編映画26~30

26.ドナルドの卵騒動

原題:The Golden Eggs
公開日:1941年3月7日
監督:ウィルフレッド・ジャクソン

登場キャラクター

ドナルド、雄鶏、メンドリたち、いもむし

あらすじ

ドナルドは卵の値段が高騰していることを知り、一儲けしようと大急ぎで自分の養鶏場に向かいます。

順調に卵を集めていくドナルドですが、その様子に気づいたのはドナルドよりも大きな雄鶏

ここから卵を守ろうとする雄鶏卵がほしいドナルドの攻防戦が始まります。

力では敵いそうにないドナルドはかわいいメンドリに扮し、色仕掛けで雄鶏のガードを崩そうとしますが・・・。

感想

ゆったりとした音楽からアップテンポな曲に変えるとノリノリで卵をポンポンと産むメンドリたちが好き。

ドナルドの女装にすっかり騙されて浮かれている雄鶏もかわいらしいです。

見所は後半の二人のダンス。服の中にいもむしが入ってしまったドナルドによる激しいダンスとそれにぴったりの音楽には笑ってしまいます。

ラストはドナルドらしいオチですがかわいそう過ぎず観やすい作品。

27.ドナルドのゲーム、ゲーム、ゲーム

別タイトル:ドナルドのゲームは楽し
原題:A Good Time for a Dime
公開日:1941年5月9日
監督:ディック・ランディー

登場キャラクター

ドナルド、美女アヒル(デイジー?)

あらすじ

遊園地のゲームコーナーに来たドナルド。

ベールを脱いでいく美女のゲームクレーンゲーム飛行機の乗り物で遊びます。

なにをやってもすぐにかんしゃくを起こしてしまうドナルドはどのゲームにも怒ってみたり、ゆすってみたり。

こんな様子で果たして安全にゲームを楽しめるのでしょうか・・・?

感想

どうしてこの子(ドナルド)は不正せずに楽しめないのか・・・。でもそこが面白いんですよね。

最初のゲームでは美女に釘付けなのにいやらしい感じがないのがドナルドのずるいところ。

赤くなったり黄緑になったりの顔芸や飛行機でのスピード感あふれるドタバタなどドナルドの得意分野が満載です。

子供にはゲームはルールを守らないと楽しく安全に遊ぶことはできないという良い教訓になりそうな作品。

28.ドナルドのめざまし時計

原題:Early to Bed
公開日:1941年7月11日
監督:ジャック・キング

公式youtube動画

登場キャラクター

ドナルド、目覚まし時計、折りたたみ式ベッド

あらすじ

時刻は夜中の2時前。

くたくたのドナルドはベッドに入りますが、めざまし時計のチクタク音が気になって眠れません。

なんとか音はおさまり再び寝ようとしますが、今度は折りたたみベッドが言うことを聞かずドナルドを挟んでみたりと眠りを妨害。

果たしてドナルドは困難を乗り越えぐっすりと眠ることができるのでしょうか。

感想

最初の歌や大きな枕をふわふわにするところが好き。あのまま眠れたら気持ちよさそう。

眠ろうとするとやけにチクタク音が気になるというあるあるをカートゥーンらしく描いた作品。音にあわせてふりふりするお尻がかわいいです。

時計を飲んじゃっておなかの中でチクタクするところは「ピーター・パン」のワニみたい。

ラストのたたみかけは面白いようなちょっと怖いような。時計の執念がすごい。

29.ドナルドのずる休み

別タイトル:ドナルドとサボ学生
原題:Truant Officer Donald
公開日:1941年8月1日
監督:ジャック・キング

登場キャラクター

ドナルド、ヒューイ、デューイ、ルーイ

あらすじ

水辺で遊ぶヒューイたちを見つけた無断欠席生徒補導員のドナルド。

三人を捕まえて学校に送ろうとしますが途中で逃げられてしまいます。

その後自分たちの遊び場(小屋)に立てこもった三人に手を焼いたドナルドは外から火を焚いていぶり出すことに。

しかし、観念したかと小屋の扉を開けると中には丸焼きになった三人・・・?!

感想

無断欠席生徒補導員って馴染みがないですよね。アメリカではメジャーなんでしょうか?

私の印象に残っていた「スイカをかぶってアメフト選手のようになったドナルド」が登場するのはこの作品でした。すっきり。

78番の「ドナルドのスープ騒動」とは逆で自分たちが死んだと見せかける甥っ子たちと、なぜかこの信じがたい状況をすぐに信じるドナルド。この天使ネタ好きです。

まじめに仕事をするドナルドでしたが最後はまさかのオチでした。あーあ。

30.ドナルドの牧場

原題:Old MacDonald Duck
公開日:1941年9月12日
監督:ジャック・キング

登場キャラクター

ドナルド、牧場の動物たち、クレメンタイン(乳牛)、ハエ

あらすじ

歌をうたいながらご機嫌で牧場の動物の世話をするドナルド。

クレメンタインの乳搾りに取り掛かりますが顔のまわりを飛ぶハエに悩まされます。

結局ハエに気を取られて牛乳を無駄にしてしまったドナルドは怒ってハエを撃退。

しかし、ハエもやられっぱなしでは終わりません。

感想

のどかで平和そうなタイトル。最初のダンスと歌がとにかくかわいい。

原題は「Old MacDonald Had a Farm」(「ゆかいな牧場」という童謡。イーアイイーアイオー♪)からきているのでしょうか。マクドナルドおじさんダック。

ちなみにクレメンタイン登場の音楽は「いとしのクレメンタイン」。バレリーナのように可憐なかわいさです。

中盤のドナルドによる「バケツ!イス!ボウシ!」が好き。

ハエを狙う角度を計算するちょっと知的なドナルドを見ることができます。

あとがき

いかがでしたか?

ドナルドだけが出演する映画も目立ってきましたね。

次回もお楽しみに!

感想記事はこちらからも探せます↓

ドナルドダックが主演の短編映画作品シリーズを一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。映画を確認しながら随時内容を更新しています。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET