【No1~3】プルートの短編アニメあらすじと感想

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回からはプルートの短編映画シリーズを観ていきます!

今まで5作品ずつ観てきたのですが、ちょっと記事が長くなりがちなので今回からは3作品ずつにしてみました。

このシリーズでは彼女、兄弟、子供、友達と登場キャラクターも様々で、プルートの色々な表情を見ることができますよ♪

もちろん飼い主のミッキーが登場する作品もありますので、お楽しみに!

↓プルートの映画リストはこちら

プルート、フィガロ、チップ&デールが主演の短編映画作品シリーズをそれぞれ一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。

↓今までの短編映画感想記事はこちらのリストで一覧できます♪

ミッキーマウスが主演の短編映画作品シリーズを一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。映画を確認しながら随時内容を更新しています。
ドナルドダックが主演の短編映画作品シリーズを一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。映画を確認しながら随時内容を更新しています。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

プルートの短編アニメ映画1~3

1.プルートの5つ子

イモムシについていくプルートの5つ子

短編映画「Pluto’s Quin-Puplets」より

原題:Pluto’s Quin-Puplets
公開日:1937年11月26日
監督:ベン・シャープスティーン

登場キャラクター

プルート、フィフィ、5つ子、イモムシ,ソーセージを持った人

あらすじ

プルート、フィフィ、そして2匹の子供である5つ子が庭で仲良く一緒に暮らしています。

そこへソーセージを持った人が通りかかり、プルートとフィフィは思わず夢中に。しかし子どもたちを放って置くわけにもいかず、フィフィはプルートに5つ子の子守をさせると1匹でソーセージを追いかけていきました。

しぶしぶ子守をこなすプルート。ところがやんちゃな5つ子はプルートの目を盗んで塗料がいっぱい置かれた地下室の中へ入ってしまいます。

しかも、鳴き声を聞きつけ地下室に駆け込んだプルートが棚の上からこぼれたお酒をたくさん飲んでしまい…。

感想

シリーズ1作品目から5つ子ちゃん登場!そう、プルートには妻子がいるのです。

ミッキーの短編映画シリーズではフィフィとプルートの恋人未満なお話がいくつかありましたが、子供が出来ると妻の尻に敷かれる感じなんですね。

なんといってもこの5つ子たちがかわいい!そろってイモムシを追いかけているシーンも大好き!

それぞれが違った模様に塗られてしまうところも面白いです。

そして雪山が舞台の作品ではよくあるプルートの飲酒。序盤はなかなかしっかりと子守をやっていただけにこのダメっぷりが笑えます。

ラストのフィフィは我が子に気付かなかった説と良い子にしていなかったことに怒っている説があるみたいですが、どっちなんでしょう?

2.プルートの鏡騒動

鏡で遊ぶプルート

短編映画「Bone Trouble」より

原題:Bone Trouble
公開日:1940年6月28日
監督:ジャック・キニー

登場キャラクター

プルート、ブッチ、小鳥

あらすじ

プルートは餌を小鳥たちに食べられてしまい、お腹ペコペコ。そこでまだ眠っているブッチのお皿から骨をいただくことにします。

しかし骨を持って帰るところをブッチに見つかってしまい、怒ったブッチと骨をくわえて離さないプルートの追いかけっこに。

町中を追いかけ回されたプルートはカーニバルの中の「鏡の館」に逃げ込みます。

それぞれ不思議な映り方をする館の鏡を最初は怖がっていたプルートでしたが、そのうち夢中で遊び始め…。

感想

子供の頃のお気に入り映画のひとつ。色々な動物になるプルートが面白くて大好きなお話です。

鏡の楽しさを知りしっぽを振って夢中になるプルートがとてもかわいい!

ブッチが怖いイメージでしたが、今観るとそもそも骨を盗んだのはプルートだったんですね。かわいそうなブッチ…。

始めは変な姿に映る鏡を怖がっていたプルートが、最後には鏡を利用してブッチを追い払うというこの成長っぷりがなんとも気持ちいいです。

後半に出てくる色々な動物の見た目になれる鏡は、あったらぜひ映ってみたいなぁ!

3.プルートの台所騒動

くしゃみが出そうなプルート

短編映画「Pantry Pirate」より

別タイトル:パーティは大騒ぎ
原題:Pantry Pirate
公開日:1940年12月27日
監督:クライド・ジェロニミ

登場キャラクター

プルート、Mammy Two Shoes(お手伝いさん)

あらすじ

食べ物を狙った罰として家の外に追い出されてしまったプルート。

しかし家の中から漂う焼いたお肉のいい匂いは外まで届き、プルートは縄を抜けるとまたこっそり家の中に入ります。

ツルツルに磨かれた床に悪戦苦闘しながらも目当てのお肉はすぐ目前。

しかし、その後誤って粉石鹸を吸い込み石鹸水を飲み込んでしまったプルートはシャボン玉を吹き出すくしゃみが止まらなくなり…。

感想

プルートが石鹸を飲み込んだりくしゃみを連発するエピソードは多いですが、これが元となった1作目かな?

初めて観る作品のはずですが、見覚えのあるシーン(顔にシャボン玉がくっついたり水を吸い込んだりなど)があるので他作品にも使い回されているのかもしれません。

静かに行動しなければいけない場面ばかりなのでハラハラするし、ここぞという場面ではくしゃみが出ると分かっていても面白い!

アイロン台のシーンも危なっかしい行動が続き「こわいから降りて!」と思いながら目が離せません。

ラストの泡の量には笑っちゃいました。バレなくてよかったね。

ところで別タイトル「パーティは大騒ぎ」の意味がよく分からないのですが、料理がパーティ用だったってこと?もしかしてパントリーがパーティに…?

あとがき

いかがでしたか?

プルートの初期作品はとにかく腹ペコみたいですね。

共演キャラクターたちもすでにバラエティ豊かで今後の作品が楽しみです♪

↓プルートの短編リストはこちら。感想記事もここから探せます♪

プルート、フィガロ、チップ&デールが主演の短編映画作品シリーズをそれぞれ一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET