チップとデールの短編アニメ映画3作品のあらすじと感想

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回はディズニーのキャラクター別短編映画シリーズの中からチップ&デールシリーズ3作品を観ていきましょう。

チップ&デールシリーズのリストはこちら↓

プルート、フィガロ、チップ&デールが主演の短編映画作品シリーズをそれぞれ一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。

リストを見れば分かるように実はチップ&デールシリーズはこの3作品しかありません

でも出演作品は10作品以上。ではどこのリストに?というと、ほとんどが共演者のリストに入っています。主にドナルド、プルートとミッキーに少し、といった感じ。

ドナルドダックの短編映画シリーズ一覧【共演キャラクター付】

ミッキーマウスの短編映画シリーズ一覧【共演キャラクター付】

(グーフィーリストにはいないかも?)(一応貼っておきます↓)

グーフィーの短編映画シリーズ一覧【公式動画リンク付】

そんな共演者として活躍してきた2匹が主役の3作品。とにかくかわいいお話ばかりなので、特に他シリーズでのいたずらっぷりが目に余ると感じていた方(私はちょっと思ってた)には是非是非観てほしいです♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

チップとデールの短編アニメ映画1~3

1.リスとヒヨコ

ヒヨコをなでるデール

短編映画「Chicken in the Rough」より

別タイトル:リスとヒヨッコ
原題:Chicken in the Rough
公開日:1951年1月19日
監督:ジャック・ハンナ

登場キャラクター

チップ、デール、雄鶏、雌鶏たち、ヒヨコたち、イモムシ

あらすじ

ある朝、チップとデールは落ちた木の実を集めるため養鶏場の中へ。デールが卵を見つけると、そのうちの1つが孵りヒヨコが生まれました。

喜んだデールはチップにヒヨコを見せに行きますが、チップからはヒヨコを元の場所に戻すように言われてしまいます。

そこで巣に戻ったデールが割れた卵を組み立てヒヨコを入れようと苦戦していると、雌鶏が帰ってきました。

慌てて卵の殻の中に隠れたことで、雌鶏からヒヨコと間違えられてしまうデール。しかし、雄鶏は明らかにヒヨコには見えないデールを疑い・・・。

感想

共演ばかりだった2匹の初主演作品。というか、デールの主演作品という感じです。

親鳥に見つからないように卵に隠れるお話はドナルドの短編でもありましたね。→「ドナルドとコンドル親子

チップとデールもさることながら、ヒヨコのデザインがかわいい。ふわふわ。

デールとヒヨコが最初に出会うシーンは特に2匹がかわいくて癒されます。

お気に入りはいもむしと結託するデールのシーン。物陰で一緒に息を切らしたり協力して雄鶏をごまかそうとするコミカルな動きが楽しいです。

雄鶏はずっとデールを疑いますが、他の子たちと明らかに見た目が違っても我が子と信じて疑わない雌鶏の母親らしい姿にちょうどその世代の私はきゅんとしました。

2.リス君は歌姫がお好き

歌うクラリスと演奏するチップ・デール

短編映画「Two Chips and a Miss」より

別タイトル:リスの音楽合戦
原題:Two Chips and a Miss
公開日:1952年3月21日
監督:ジャック・ハンナ

登場キャラクター

チップ、デール、クラリス

あらすじ

街のネオンを尻目にそれぞれベッドに入るチップとデール。

ナイトクラブの歌姫クラリスから手紙をもらっていたチップがデールに気付かれずに家を抜け出す方法を考えていると、デールは夢遊病のように外へ出て行きます。

実は、デールもクラリスから手紙をもらっていてチップにばれないよう家を抜け出したのです。

かくしてそれぞれ出かけた2匹はクラリスの楽屋前で鉢合わせに。2匹はけんかになりますが、クラリスのステージが始まると彼女に夢中になります。

そしてクラリスの気を引くために楽器を使って音楽合戦を始めた2匹。勝負の行方は・・・?

感想

今やパークでも人気のキャラクターでグッズも多いクラリスが唯一登場する短編映画。

出演映画がこれだけとは意外ですよね。ミスバニーのようなもふもふとセクシーを両立させた女の子で歌声もかわいい♪

チップとデールもすっかり彼女に夢中。手紙を持ってウキウキと出かける様子がかわいいです。道の途中でお互いを鏡に映った自分だと思うシーンとかも好き。

そしてお互いのプレゼントにいたずらしあうシーン。チップのキャンディにデールがモスボール(防虫剤のようです)を仕込むところは、もしもらったクラリスが自分で食べていたらと思うとみるたびヒヤヒヤします。

私はこの短編で初めてチップとデールがこんなに楽器演奏や歌が上手であることを知りました。歌声がちょっと低いところがまたいい!かわいいよりもかっこよく見えてきます。

お決まりのマッチ箱ベッドのほかに葉っぱのカーテンや羽の壁紙?など、小さな彼らのお話だからこそ見る事ができる小物使いも是非注目してほしいです!

3.リスの大手柄

チップとデールとお尋ね者ピートの張り紙

短編映画「The Lone Chipmunks」より

原題:The Lone Chipmunks
公開日:1954年4月7日
監督:ジャック・キニー

登場キャラクター

チップ、デール、ピート、保安官

あらすじ

いつものようにチップとデールが木の実を集めていると、2匹が住んでいる木に賞金首ピートの張り紙が貼られます。

そしてそこへ本物のピートがやってくると、たった今銀行強盗で手に入れたお金をその木の穴の中に隠しました。

そこでチップとデールは賞金首のピートを捕まえることに。しかし2匹が立てた作戦はピートを怖がらせることができるものの、なかなか捕まえるまでには至りません。

最後にはピートが持っている銃に目をつけたチップ。これが最大のピンチを招くことに・・・。

感想

チップとデールがピートと初共演した作品。冒頭のシーンは「グーフィーの二挺拳銃」と同じですね。ピートはこういう役が多いです。

この映画は子供の頃から気に入っていて、作中でチップやピートが歌っているメロディを覚えるほどに何度も見ていました。あ~ふるさと~♪

冒頭のデールがチップのことをお尋ね者だと勘違いするシーンや、デールが銃のフリをするところがお気に入り。強盗なのにいちいちリスたちの作戦に怖がるピートも面白いです。

見所はチームワーク抜群の最後のたたみかけ。こうなっては誰もこの2匹には敵いません。中でもピートが前半で作っていた食事がいかされたフライパン攻撃は必見です!

あとがき

いかがでしたか?

チップとデールのかわいさが存分に発揮されている3作品でますます彼らを好きになっちゃいますね。

まだまだ観足りない方はドナルドの短編もチェックしてみてください♪

ドナルドダックが主演の短編映画作品シリーズを一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。映画を確認しながら随時内容を更新しています。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET