「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」〜謎の生物は危険か、それとも…

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

今回はティンクの友達のひとり、動物の妖精フォーンが主役。
動物ものに弱い私はこのシリーズで初めて泣いてしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

基本情報

原題は「Tinker Bell and the Legend of the Neverbeast」。2015年3月3日発売(日本では2015年5月20日)。

ディズニートゥーンスタジオ制作の3DCG映画。劇場公開なし。ティンカー・ベルシリーズ(ディズニー・フェアリーシリーズ)第7作目(映画のみだと6作目)。前作は「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」。

監督はスティーヴ・ローター

あらすじ

それは妖精の住むピクシー・ホロウで彗星が観測された後のこと。

“動物の妖精”フォーンは動物が傷付いていたらたとえ危険な生き物であろうと放っておけない女の子。
ある日変わったうなり声を聞いたフォーンが森へ向かうと、そこで出会ったのは今まで見たことのない大きな謎の生物でした。
その生物の足に刺さっていた棘を抜いてあげると、フォーンはこの生き物にグラフと名付けて辛抱強く観察を続け、次第に心を通わせていきます。

一方、ピクシー・ホロウを警備する“護りの妖精”ニックスもこのうなり声を聞き、警戒を始めました。ニックスが調査を進めると、約1000年前に彗星が観測されたとき謎の生物“ネバービースト”が目覚めたという伝説を発見します。
この伝説によると、ネバービーストは空が緑色の雲に覆われたとき、恐ろしい姿に変身し雷でピクシー・ホロウを破壊するというのです。

グラフが心優しい友達だと信じるフォーンと、脅威であるとみなすニックス。
その時、伝説のように空が緑色の雲に覆われ始め、グラフの様子に異変が…。

どんな人にオススメ?

  • 人と動物との友情、信頼関係などのお話が好きな方(本作では妖精と謎の生物ですが)
  • とびきりのハッピーエンドより、少ししんみりとするエンドが好きな方
  • 悪人は出てこない話が好きな方

キャラクターピックアップ

フォーン

動物の妖精で、動物と心を通わせるのが得意。危険な動物に対しても好奇心旺盛で分け隔てないため、怪我をしている危険動物をピクシー・ホロウに入れてしまうなどして度々トラブルになっている様子。
他の動物の妖精からは危険な動物が得意だと認識されている。
今までの映画よりもお調子者な面が前に出ている感じ。頭で考えるより心(気持ち)に従って行動する直感型。

グラフ

緑色の彗星が見えた夜に目覚めた謎の生物で、伝説上ではネバービーストと呼ばれている。
体が大きくて足も太く、口には大きな牙があり、見た目だけだと危険そう。
ただその表情や仕草に愛嬌があるため、だんだん可愛く見えてくる。

ニックス

護りの妖精5人のうちのリーダー。タカなどの危険な動物から妖精たちを守っている。黒いストレートヘアに意志の強そうな瞳が印象的。多分本作初登場。
両側が尖った槍のような武器を使うが、他にもいくつか道具を使い任務をこなす。正義感がある堅物タイプ。助けられたら惚れちゃいそう。

私の注目ポイント

ネバービーストの伝説は本当か?

彗星により目覚めた謎の生物“ネバービースト”。このネバービーストが妖精の友達なのか敵なのか、がストーリーにおける注目ポイントです!
見た目は凶暴そうなのですが、フォーンと仲良くなっていくのでどうやらいいやつ?でもネバービーストは目覚めてからずっと謎の塔を作り続けていて、その意味はフォーンにも分かりません。

そんな中、ニックスの調べで1000年前の伝説が明らかに。それによるとネバービーストは危険極まりない生き物のようです。
普段のグラフ(フォーンがネバービーストに名付けた名前)を見ているととてもそんな伝説は信じられないのですが、気になるのは伝説によるとある時ネバービーストが“恐ろしい姿に変化する”ということ。もしかしたらこの変化が起きるとグラフの心も変化してしまうのかもしれません。だとしたら…。

それぞれが信じる“正しいこと”

動物の妖精フォーンも護りの妖精ニックスも、クラリオン女王に信頼されている優秀な才能を持つ妖精。なのでネバービーストの件では女王が2人に「正しいことをするように」と伝えます。

そこでネバービーストがピクシー・ホロウにとっての脅威だと信じるニックスは捕獲に乗り出し、友達だと信じるフォーンは逃がそうとします。
どちらも自分が信じる正しい行いをしているのに敵同士、とまではいかなくても邪魔をし合うようになってしまうのです。

子供向け作品は典型的な主人公(正義)対悪の構図が多い中、本作では正しいこと対正しいこと、となる構図に注目です。

中盤からしばらくはどちらが悪いとも言えないもどかしさが続くのですが、自分が間違っていると感じた時にはとても素直に間違いを認めることができる2人を見て心が洗われる気がしました。

この映画が好きな人へのおすすめ作品

  • ティンカー・ベルシリーズ(ディズニーフェアリーズ)…今までの作品も是非。
  • ベイマックス…ヒーローものだけど、ラストあたりの切なさがちょっと似てる気がする。
  • アーロと少年…一見凶暴そうな生き物(=人間)と恐竜との、言葉のいらない友情。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET