「トイストーリートゥーン」のすすめ〜3のその後を描く短編3作品!

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

大人も子供も大好きな「トイ・ストーリー」シリーズ。でも短編映画の存在は意外と知られていないんですよね…。

ということで今回は短編シリーズ「トイストーリートゥーン」3作品をまとめてご紹介します!各話10分にも満たないし公式で無料公開されているので、サクッと楽しむことができます。これは絶対に観るべきですよ♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

トイストーリートゥーンとは

「トイ・ストーリー3」の後に制作された「トイ・ストーリー」シリーズの短編作品。
映像もキャラクターの声(原語/吹き替え)も長編映画と変わりないので、違和感なく楽しむことができます。

どのお話も「トイ・ストーリー3」のその後のお話なので、1・2・3を観た後に視聴することをオススメします!

①ハワイアン・バケーション

基本情報

原題は「Hawaiian Vacation」。

公開日は2011年6月24日(日本では2011年7月30日)。ピクサー長編映画「カーズ2」と同時上映された。

監督はゲイリー・ライドストロム(ピクサー短編「リフテッド」の監督)(「ターミネーター2」「ジュラシック・パーク」「タイタニック」などでアカデミー賞録音賞を受賞している音響デザイナー)、制作総指揮はジョン・ラセター

あらすじ

冬休み、ボニーのハワイ旅行に着いて行きバービーとのロマンチックなデートを計画していたケン。しかし、計画は失敗しボニーに置いていかれてしまいます。

落ち込むケンとその様子を心配するバービーを見たウッディたちは、子供部屋の中でケンが計画していた通りのハワイデートを演出することに。

注目ポイント

この3作品の中で私が一番好きな作品。ちょっと情けないけどバービーのために一生懸命なケンも、そんなケンを優しく見守るバービーも、2人のために協力するウッディたちも、そしておもちゃたちに声をかけてから出かけるボニーも、もう全てが愛しいです♪

デートではどのおもちゃが何の役をしているのかに注目!テンポ良く進んでいくのでどれも短いシーンですが、個性にあった役割で楽しいです。
「トイ・ストーリー3」に登場したバズの情熱的なスペイン語バージョンも再び!やっぱり人気なんですね♪

ラストシーン、やっぱり面白いし可愛すぎる…。

②にせものバズがやってきた

基本情報

原題は「Small Fry」。

公開日は2011年11月23日(日本では2012年7月21日)。映画「ザ・マペッツ」(日本では「メリダとおそろしの森」)と同時上映された。

監督はアンガス・マクレーン(「ファインディング・ドリー」の共同監督、「トイ・ストーリー・オブ・テラー!」の脚本・監督)、制作総指揮はジョン・ラセター

あらすじ

ファストフード店、チキンパレスのカウンターにはお子様セットについてくるおもちゃが展示されています。その中の小さなバズ人形は、子供に遊んでほしいあまり店に来ていたボニーに目をつけ、ボニーが持っていたバズと入れ替わってしまいました。

子供部屋に到着し子供と遊ぶのが待ちきれない小さなバズ。
一方お店に残されてしまった本物のバズは、閉店後の店で行われていた「捨てられたお子様セットのおもちゃ支援グループ」の集会に参加するはめに。

注目ポイント

もはや定番(?)の“バズの様子がいつもとなんか違う!”というお話。今回は別人とすり替わってしまいます。
慣れた様子で対応するウッディ、なぜかやっぱり気がつかないレックスなど、小さなバズがやってきたときのそれぞれの反応が面白い!偽物バズ、再会した本物バズに対するジェシーの態度の違いにも注目です♪

捨てられたおもちゃの集会は海外映画やドラマなどで見るカウンセリングそのもの。いかにもお子様セットの付録らしいおもちゃたちやギャグシーンが楽しいのですが、そこにはずっと切なさが漂います。とかげ魔法使いのつかの間の楽しそうな顔が本当にもう…。

ちなみにこの作品、エンドロールがなんともおしゃれ!遊び心あふれたメニューの写真がどれも楽しいです♪

③レックスはお風呂の王様

基本情報

原題は「Partysaurus Rex」。

公開日は2012年9月14日(日本では2012年9月15日)。「ファインディング・ニモ 3D」と同時上映された。

監督はマーク・ウォルシュ、制作総指揮はジョン・ラセター

あらすじ

大盛り上がりの“特大シャボン玉作り”を邪魔してしまったレックスは、ポテトヘッドたちに「パーティ台無しレックス」と呼ばれてしまいます。

その後ボニーはレックスをお風呂場に連れていき救助隊ごっこ。ボニーがいなくなりお風呂場のおもちゃたちに呼び名を聞かれたレックスは「パーティーサウルスレックス」と答えます。

お風呂場のおもちゃたちはパーティを希望し、その要望を叶えることで瞬く間に人気者になったレックス。しかし、湯船からはお湯が溢れ出す寸前!レックスは慌ててパーティーを止めようとしますが…。

注目ポイント

今回はレックスが主役!そして様々な水場用のおもちゃが登場します。本当にボニーはおもちゃをたくさん持っていますね♪

他のおもちゃたちにとっては盛り上がりを邪魔する空気が読めない存在のレックスですが、住人目線で見ると部屋の汚れや後始末を唯一心配してくれているレックスを応援したくなります。

注目はやっぱり「パーティ台無しレックス」という汚名を返上しようと奮闘するレックス!我にかえった後に全ての行動が裏目に出ていく様子が(レックスには申し訳ないけど)面白い♪

ちなみにボニーの家のトイレの蓋カバーは(私が大好きな)あの映画のキャラクター!
ハッピーエンドだけどボニーママには同情します…。

あとがき

それぞれ違った楽しさがある3つのエピソード!「トイ・ストーリー3」で起こった大きな変化の後も、新しい仲間たちと一緒に楽しそうに過ごしているおもちゃたちの姿を見ることができて嬉しいです♪

短編じゃ物足りない!もっと見たい!!という方はテレビスペシャル2作品「トイ・ストーリー・オブ・テラー」と「トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド」(どちらも2〜30分)も要チェック☆

­

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET