フィガロの短編アニメ映画3作品のあらすじと感想

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回はディズニーのキャラクター別短編映画シリーズよりフィガロシリーズ3作品です。

フィガロは映画「ピノキオ」に出演していた子猫。

どうやらウォルト・ディズニーのお気に入りキャラクターらしく、その後いくつかの短編映画に出演しました。

短編映画ではミニーのペットという設定や、プルートと一緒に飼われているという設定が多いです。

↓フィガロシリーズのリストはこちら

プルート、フィガロ、チップ&デールが主演の短編映画作品シリーズをそれぞれ一覧にしました。邦題、公開年、共演キャラクターが一目で分かるリストです。さらに感想記事へのリンクを付けたので原題、あらすじなどはそちらをチェックしてください。

この記事はフィガロのリストより3作品。プルートとの共演作品は上の記事のプルートのシリーズから御覧ください♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フィガロの短編アニメ映画1~3

1.フィガロとクレオ

金魚鉢を抱えるフィガロと驚くクレオ

短編映画「Figaro and Cleo」より

原題:Figaro and Cleo
公開日:1943年8月15日
監督:ジャック・キニー

登場キャラクター

フィガロ、クレオ、Mammy Two Shoes(メイドさん)

あらすじ

同じ家で飼われている子猫のフィガロと金魚のクレオ。

お腹が空いたフィガロはクレオを見るたびに食べたくなってしまうのですが、いけないことだと分かっているので我慢をしています。

しかし、部屋を散らかしたフィガロは餌をもらえずさらにお腹を空かせてしまい、ついにクレオを狙い始めます。

メイドさんはフィガロがクレオを襲うたびにそれを阻止してフィガロをお仕置きしますが、懲りずに金魚鉢に手を伸ばすフィガロはついに金魚鉢の中に落ちてしまい…。

感想

映画「ピノキオ」で共にゼペットじいさんに飼われていたフィガロとクレオのお話。トムとジェリーっぽい内容です。

ほうきや毛糸玉にじゃれたり、高いところから落とされてくるっと体勢を戻したり、体をなめたり、首根っこを掴まれたり(この時の表情が良い)、子猫らしい仕草満載のフィガロを堪能できます。猫好きにはたまらない!

さらにクレオにも注目。フィガロが金魚鉢に手を入れると逃げるので危険なのは分かっているようですが、それでもフィガロのことが大好きという感じのクレオがとってもかわいい!そして金魚なのにこの色っぽさ。「ファンタジア」に登場する金魚を思い出します。

どちらもメイドさんに懐いている様子だし、ラストは2匹がチューしてハッピーエンド。「ピノキオ」より2匹のかわいいシーンをかき集めて作ったような可愛らしい映画です。(食べようとするけどね)

2.子ねこのフィガロ

フィガロをお風呂に入れようとするミニー

短編映画「Bath Day」より

原題:Bath Day
公開日:1946年10月11日
監督:チャールズ・A・ニコルズ

登場キャラクター

フィガロ、ミニー、野良猫たち

あらすじ

ミニーは飼い猫のフィガロをお風呂に入れ、仕上げにかわいいリボンを付けてあげます。

しかし、お風呂が嫌いなフィガロはご機嫌斜め。首のリボンも気取ったおぼっちゃまのようで気に入りません。

そこでリボンを取ろうと暴れたフィガロは窓から落ちて外へ。そして出会った野良猫たちにもその格好を馬鹿にされてしまいます。

ところが、リーダーの野良猫がフィガロを追い込み痛めつけようとしたところ、思わぬ結果に…。

感想

お風呂のシーンは前半の短い時間ですが、そこでのミニーとフィガロのやりとりが好きで印象に残っていた作品。

あと、なぜか分かりませんが野良猫が自分の爪の鋭さをアピールするシーンもお気に入りです。

フィガロには悪いけど黒と白の毛並みに赤いリボンがよく似合うし、取ろうともがいてるところもすごくかわいい。

最初は大きな野良猫たちにも強気に立ち向かっていたフィガロが追い詰められて震えるシーンはあまりの震えっぷりにいつも笑っちゃいます。

ところで、野良猫の中に映画「ピノキオ」に出てくる悪役の一人、ギデオンに似たネコがいるような?います…よね?

3.フィガロとフランキー

フランキーを狙うフィガロ

短編映画「Figaro and Frankie」より

原題:Figaro and Frankie
公開日:1947年5月30日
監督:チャールズ・A・ニコルズ

登場キャラクター

フィガロ、ミニー、フランキー、ブッチ、フィガロの良心

あらすじ

ミニーのペットであるカナリアのフランキーと子猫のフィガロ。

フランキーの歌声で昼寝を邪魔されたフィガロがフランキーにちょっかいを出していると終いには鳥かごが倒れて壊れる大騒ぎに。

駆けつけたミニーはフィガロがフランキーを食べてしまったと思い、フィガロを家から追い出してしまいます。

一方鳥かごから出たフランキーは窓から大空へ羽ばたくはずが、ゆっくりと落ちていき庭にいた犬のブッチの鼻の上へ。

それを見たフィガロはフランキーを助けるどころかまた捕まえようとして…。

感想

トムとジェリーっぽい流れをベースに、どこか「プルートの悩み」を思い出させるお話。

悪い顔のフィガロが目立ちますが、最後はミニーが見守る中ちゃんと仲直りするのがフィガロのお話らしくて良かったです。

プルートはよく心の中の天使と悪魔が戦いますが、フィガロの場合天使とフィガロの戦いで悪魔が出てこないところに笑っちゃいました。

フランキーももっと小憎たらしいキャラクターなのかなと思いきや、キコキコと羽ばたきながら落ちていったり、後半で長々と大変な目にあったりとなんとも憎めないキャラクター。

それにしても、鳥と猫を一緒に飼ってもし猫が鳥を食べちゃっても、責められない気がするのですが…。せめて違う部屋で飼ってあげて、ミニー!

あとがき

いかがでしたか?

やんちゃでかわいい子猫のフィガロの3作品。観ていると子猫を飼いたくなってきます。

↓ディズニーの子猫が好きな方には、こちらの作品もオススメです♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET