2019年のディズニー映画まとめ!【紹介数20作品】

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

明けましておめでとうございます!

2019年もどうぞかもめレポをよろしくお願いいたします♪

新年1つ目の記事は今年公開予定のディズニー映画について。注目映画が続々と公開されますので、皆様手帳のご用意を!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

日本で2019年に公開されるディズニー映画

見出しの日本公開日については、公式サイトで明記されているもののみ記載。まだ不明なものは公開時期(予想)を書いておきました。

1月18日「ミスター・ガラス」

公式サイト

いきなりディズニーっぽくないですが、M.ナイト・シャマラン監督(「シックス・センス」の監督です)によるサスペンス・スリラー。2000年公開映画「アンブレイカブル」のその後のストーリーです。

それぞれ特殊能力をもった3人が病院のような施設で研究対象にされているようですが、なんだか不穏な雰囲気…。俳優陣の演技だけでかなり見ごたえがありそう。果たして、恐るべき真実とは?

2月1日 「メリー・ポピンズ リターンズ」

公式サイト

アメリカではすでに2018年12月から公開されている映画。1964年公開映画「メリー・ポピンズ」の続編です。

本作では前作で少年だったマイケルが大人になり、その子供たちの子守に再びメリー・ポピンズがやってきます。ロマンがありますね。

実写とアニメの融合といえばもっぱら3DCGの現代において、1964年版を思わせる2Dアニメーションを使用しているところにぐっと来ます。

3月15日 「キャプテン・マーベル」

公式サイト

マーベル初の女性ヒーロー単独主役作品。キャプテン女性だったんですね!

アベンジャーズがまだ結成されていない1995年を舞台にした物語で、本作主人公の彼女がアベンジャーズ誕生のきっかけとなります。

美しいヒーローのかっこいいアクションはもちろん、過去の記憶を失っているというサスペンスフルな部分も楽しめそうです。

3月29日 「ダンボ」

公式サイト

ティム・バートン監督による実写化。監督のディズニー作品といえば、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」や「アリス・イン・ワンダーランド」などなど。

アニメ映画ではネズミのティモシーがまだまだ赤ちゃんであるダンボを支えていましたが、本作は人間の子どもたちが力になってくれるみたい。しかし、母親ゾウと引き離されるシーンではもう予告だけで泣けてきます。

ダンボがあまりにリアルで最初はびっくりしますが何回か予告編を見ているうちに慣れてきたので、違和感が気になる人は試しにやってみてください。

4月26日 「アベンジャーズ/エンドゲーム」

公式サイト

同じく今年公開の「キャプテン・マーベル」でアベンジャーズの誕生を描きながら、本作で完結となるアベンジャーズシリーズ。日米同時公開!

サノスによって全宇宙の生命の半分が失われた世界で、傷つき、苦悩するヒーローたち。この絶体絶命の状況でどのようなエンドゲームとなるのでしょうか・・・?!

実はマーベルシリーズをあまり追えていない私ですが去年は「アントマン&ワスプ」を観たので、シリアスな予告のラストにスコット(アントマン)がいつもの調子で登場するだけでなんだか嬉しくなります。

6月7日 「アラジン」

公式サイト

1992年のアニメ映画「アラジン」の実写化。アニメ版ではロビン・ウィリアムズが声を演じていたランプの魔神ジーニーを本作ではウィル・スミスが演じます。

まだ情報として背景しか見せられないためか、やたらとスタイリッシュな予告編。アラジンやジーニーたちが登場するとまた雰囲気が変わってくるのでしょうか?

私の注目はアニメ版で数々の名曲を生み出した作曲家アラン・メンケンが本作にも参加していること!新たな名曲が生まれるかも?

7月12日 「トイ・ストーリー4」

公式サイト

ピクサー作品の中でも絶大な人気を誇る「トイ・ストーリー」シリーズ最新作。まだ新キャラクター「フォーキー」の登場以外は謎に包まれています。

かなり前に主人公のカウボーイ人形ウッディといい感じだった羊飼い人形ボー・ピープが再登場するという噂があったのですが、はたしてどうなるのでしょうか?

ともかくトイ・ストーリーなら間違いないだろうと思えるのは、過去3作品で期待を裏切られたことがないから!本作への期待も高まります♪

夏頃「ライオン・キング」

7月 19日 公開(米)

アニメ映画「ライオン・キング」のフルCGリメイク作品。私の中では実写化の波の中のひとつです。

予告編はストーリーや構図がアニメと全く同じでも構わない、むしろ見比べたいくらいの迫力映像。赤ちゃんシンバのかわいいこと!

他のキャラクターたちのビジュアル公開が待ち遠しいです。ティモンとプンバァに至っては、見た目がリアルになったというだけで面白そう。

夏~秋頃「アルテミス・ファウル」

8月19日公開 (米)

オーエン・コルファーによる、イギリスの児童文学小説シリーズが原作。読んだことがないので、映画を観る前に読むか迷うところです。

原作シリーズは伝説的な犯罪一家に生まれた天才少年アルテミス・ファウル2世と妖精たちとの戦いを描いていて、話によっては妖精と手を組んだりもするそう。パソコンを使う主人公はもちろん妖精たちもハイテクらしく、世界観が面白そうです。

小さなMIB(メン・イン・ブラック)といった見た目のアルテミス少年。実写化シリーズに負けずこういう作品もヒットしてほしい!

冬頃「アナと雪の女王2(仮題)」

11月22日公開(米)

2013年(日本では2014年)に1作目が公開された後に新曲を含んだ短編作品が2作品作られ、もはや次が2作目という感じがしない「アナと雪の女王」シリーズ。

公開されている情報が少ない中いろいろな噂が飛び交っているので、公式による情報が待ち遠しいです。

冬頃「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」

12月20日公開(米)

「スター・ウォーズ」シリーズ実写映画本編の9作目。レイを主人公とする「続三部作」の第三章、つまり完結編です。

スター・ウォーズは12月公開のイメージが強いのですが、日米同時公開かな?

Disney+配信予定映画

ディズニープラスは、2019年秋開始予定のストリーミングサービス。ここでしか観られない映画がすでにいくつか発表されているようです!

  • わんわん物語」:実写化。かわいいレディに期待。
  • マジックキャンプ」:実写コメディ映画。魔法じゃなくて、マジシャンの話みたい。
  • ノエル」:サンタクロースの娘、ノエルが主人公の実写ファンタジーコメディ映画?
  • 王様の剣」:実写化。アニメは地味だけど好き。
  • ハイスクール・ミュージカル4」:大人気学園ミュージカルシリーズ最新作。情報が少ないので本当にあるのかちょっと心配。

2019年放送予定のディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー

  • キム・ポッシブル」:人気TVアニメシリーズ実写化。アメリカでは2月15日初放送予定。
  • ディセンダント3」:今やディズニー・チャンネルの顔とも言える映画シリーズ最新作。アメリカで2019年中頃初放送予定なので、日本でも年内に観られると思います。

その他の2019年ディズニー関連映画

米4月19日「 Penguins(ペンギン)」

ディズニーネイチャーによるドキュメンタリー映画10作目。日本では劇場公開はないようなので、番外編にしてみました。

1羽のペンギンにスティーブと名付け、その生活をカメラが追います。字幕の間でちょっと足を滑らせるスティーブがかわいい。

後々DVDになるか、Disney+で配信してくれるといいんだけど…。

米7月5日「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

ディズニーではなくソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント配給映画なのですが、制作にマーベル・スタジオが関わっているので番外編に入れてみました。

「スパイダーマン」実写映画化作品としては第7作目、新シリーズとしては第2作目、「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとしては第23作品目とのこと。マーベルの世界は壮大ですね。

スパイダーマンは観たことがあるのですが、この映画を観るには新シリーズ1作目「スパイダーマン:ホームカミング」を是非チェックしなければ!

あとがき

1年で公開される映画ってこんなに多かったっけ…?!思っていたよりボリュームたっぷりの記事になりました。

新しい情報に気付き次第、更新してツイッターでお知らせしていこうと思っています。

映画館からテレビ、ストリーミングサービスまで、2019年もディズニー映画をたっぷり楽しみましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET