アナ雪シリーズ最新作「アナと雪の女王/家族の思い出」とは?

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2018年3月16日公開の「リメンバー・ミー」と同時上映されている短編映画「アナと雪の女王/家族の思い出」。

さっそく映画を観てきたのでストーリーのネタバレは見たくないけどどんな映画なのか知りたい方へ向けてご紹介しようと思います!

光のクリスマスツリー

基本情報

邦題:アナと雪の女王/家族の思い出

原題:Olaf’s Frozen Adventure(オラフのフローズンアドベンチャー)

監督:ケヴィン・ディーターズ&スティーヴ・ワーマーズ=スケルトン

製作:ロイ・コンリ

製作総指揮:ジョン・ラセター

上映時間:22分

アナ雪シリーズとの関連

アナ雪関連作品はこんなに!

  1. アナと雪の女王・・・2013年公開。長編映画。
  2. アナと雪の女王 エルサのサプライズ・・・2015年公開。スピンオフ短編映画。
  3. LEGO アナと雪の女王 オーロラの輝き・・・2016年初放送のレゴアニメ。
  4. アナと雪の女王/家族の思い出・・・2017年公開。スピンオフ短編映画。
  5. Frozen 2(アナと雪の女王2)・・・2019年公開予定。1の続編。

スピンオフ同士は関連なし、1作目は観ておく!

今回の映画は4作品目。テレビ用のレゴアニメを除けばシリーズ3作目です。

スピンオフ作品はそれぞれが1作目の後の話で、相互に関連はしていないようです。(※細かいネタなどは関連があるかもしれません)

ということで今回の映画は1作目の「アナと雪の女王」を鑑賞しているとより楽しむことができます。ほかのスピンオフ作品をまだ観ていない方も安心ですね!

注目ポイント

今回のテーマは”家族の思い出”

映画「アナと雪の女王」で姉妹の絆を深めたアナとエルサ。

今回は2人が家族の思い出を振り返るシーンがあります。

1作目では語られなかった子供時代の新たなエピソードもたくさんあるので、小さい頃のアナとエルサも大好きという方に是非見てほしいです。

オラフが主役の物語

原題から分かるとおり、今回の主役はオラフ

アナとエルサのために頑張るオラフの姿にほっこりします。

どこか抜けているオラフが引き起こすハラハラドキドキの展開にも大注目!

もちろんアナとエルサ、クリストフとスヴェンも大活躍します。

クリスマスのアレンデール

「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」では夏でしたが、今回はクリスマス

1作目を思い出すような雪に覆われたアレンデールを見ることができます。

アナとエルサも冬仕様の新しい衣装。ファーが付いたいつもよりダークな色合いのドレスは夏とはまた違ったかわいさです。

音楽がもりだくさん

キャラクターが歌う曲は22分の上映時間の中になんと4曲

アナとエルサはもちろん、クリストフやオラフの歌声を聴くことができます。

吹き替えも1作目と同じキャストなのでまたあの歌声を楽しめますね。

オススメの曲はやっぱり「When We’re Together」↓

エルサの新たな能力?

今回も氷でいろいろなものを作り出すエルサ。

さりげなく今まで見たことない魔法も使っているような・・・?

今までも使っていたのかもしれませんが、まるで妖精の粉のような力がとても印象的でした。

見られるのは動画の歌「When We’re Together」の終盤です。(上の動画の直後くらい)

私の記憶は当てにならないので是非その目でチェックしてみてください。

CMに出てくる猫は?

TVCMでも流れているリメンバー・ミーの予告映像。

最後に「アナと雪の女王/家族の思い出」の予告がちょこっと流れるのですが、オラフと戯れる猫が気になった方もいるのではないでしょうか?私は気になりました。猫好きなので。

そう、本作には猫が登場します。しかもこんなものじゃないです。大量です。

メインエピソードではなくいくつかのエピソードのひとつという感じなのですが、やっぱりかわいかった・・・。

猫のシーンはもうちょっと見ていたかったです。ちなみに犬も出てきますよ!

あとがき

いかがでしたか?

「エルサのサプライズ」と比べると1作目を思い出させるようなシーンが多くなっていてアナ雪ファンは是非見ておきたい作品です。

スピンオフの短編映画ですが22分という長さに曲も盛りだくさんで映画一本分の満足感がありました。

これが同時上映で観られるなんてお得・・・!

もちろん「リメンバー・ミー」も本当に楽しい映画で映像も美しいのでぜひ2本とも映画館で観て頂きたいです。

この記事をみんなとシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして更新情報をGET